復縁を失敗しないために、送ってはいけないメールの例をご紹介します!|復縁工作・出会い工作はプールアムールへ

Pour Amour(プールアムール)

0800-919-7830(クイック なやみゼロ)
お問い合わせ
メールからのお問い合わせ・ご相談は対策料金10%OFF
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)
Pour Amour(プールアムール)

復縁を失敗しないために、送ってはいけないメールの例をご紹介します!

別れた相手とよりを戻したい方、その思いをメールやSNSで伝えようと考えていませんか。
時間の経過により、復縁したいという思いが膨らみ何かしらのアクションを起こそうとする気持ちはとても分かります。
しかし、メッセージ内容によっては関係性をさらに悪化させることがあるのです。
今回は関係性を余計悪くしてしまうメールの例をご紹介します。
このような過ちを犯さないように、気をつけて確認してくださいね。

 

□唐突に送る長文メール
久しぶりに来た連絡が長文となると、相手は恐怖を感じてしまいます。
なるべく簡潔で分かりやすいものが良いでしょう。
伝えたいことがたくさんあったとしてもきっかけづくり程度の連絡がおすすめです。

 

□返信のいらないメール
相手の反応が怖いことは分かりますが、内容のないメールを送ってしまうとスルーされることが一般的です。
相手の返事を必要とするメールが良いかもしれませんね。
さらに、相手がメッセージに対して返事をくれない場合はしつこく送り続けないようにしましょう。
あきらめも肝心です。

 

□ネガティブな内容のメール
あなたの心境を赤裸々に書くことが正解とは言えません。
別れた後悔や、落ち込んでいる自身の状態を事細かに書かれても、不快感を与えるだけかもしれません。
相手の批判もタブーです。
恨みのこもったメールで復縁できるはずがありません。
暗い印象を与える内容は避けましょう。

 

□まとめ
メールを送る際に気をつけるべき点はお分かりいただけましたか。
様々な感情が揺れ動く状態でも、メールでは平常心と明るさを見せましょう。
冷静な判断が成功を生むのです。

Pour Amour(プールアムール)